12件の結果中1〜10件を表示中
認知症について

認知症30ヵ条 予防~介護まで 

認知症について

認知症30ヵ条 予防~介護まで 

認知症をもつその人をしっかり見つめていくためには、認知症についての基本的な知識が大切。
認知症の行動・心理症状は、不安やストレスなどが重なって起こることなども理解していきましょう。

認知症について

認知症フレンドリー講座

認知症であっても自分の意思で自由に行動し、趣味を楽しみ、人や社会と交わり、生きがいに満ちた人生を送ることができる。そういう世の中を目指すためにできることは、認知症の方の視点を理解することからですね。認知症の方の気持ちを知り、その周囲の人との双方が心地よく暮らせるために「認知症フレンドリー」な社会をつくっていきましょう。

認知症について

認知症のある人と家族を支えるボランティア 認知症サポーター

超高齢社会は他人事ではありません。家族・親族に、あるいは近隣に、あるいは友人に何らかの課題を抱えた高齢者が方々がいらっしゃるのが普通の社会。
傍観者的無関心を決め込むのではなく、また一人で悩みを抱え込んで引きこもるのでもなく、「おひとり様」では解決できなくても「お互い様」なら解決できる糸口が掴めることに希望を託していきましょう

認知症について

認知症の理解と介護 No4

認知症とは、自立した生活ができていた人が、もの忘れがひどくなり、適切な判断力・推理力などの知的機能が低下したため、周囲に迷惑を起こす言動が出てきて、見守りや援助が必要になった状態です。
「知的機能の低下に伴う生活障害」ともいえます。
厚生労働省の調査によると、85歳以上の年齢になると4人に一人が認知症の症状を示していることになるといわれています。
認知症は必ずしも「困りもの」「いやなもの」ばかりではありません。「おもいやり」の気持ちで、接していけるように、みんなで考えていきましょう。

認知症について

認知症の理解と介護 No3

介護をなさっているご家族の中には、介護に疲れ果ててすべてを投げ出したいと悩んでいる方々、上手に介護を続けている方々、あることがきっかけでそれまでの混乱から抜け出てうまく介護できるようになった方々など、様々な方がいらっしゃると思います。
杉山先生がまとめられた「家族のたどる心理ステップ」を経ながら、どのご家族も介護に慣れていかれたと思います。今回杉山先生のご経験を通して記された「上手な介護の12ヶ条」を紹介したいと思います。

認知症について

認知症の理解と介護 No2

もの忘れがひどくなって同じことを何度も繰り返したり、家族の顔や自分の家が分からなくなるようなことが身内に起こったとき、どの家も、そのことをどう理解し、どう対応してよいか分からず混乱してしまいます。認知症を少しでも理解し、みんなが安心して笑顔で生活できるようになるといいですね。

認知症について

 認知症の理解と介護 No1

認知症になりたくてなった人はいません。また家族も認知症の人の介護者になることを誰も想像していません。そういった意味では、認知症の本人とともに家族にもさまざまな支援が必要なのではないでしょうか。本人も家族も当事者なのです。認知症の人が笑顔でいられること、そして家族も笑顔でいられることが大事だと考えられます。